イマジナクトラボ

「わかる」「できる」本気でお客様とつながりたい人のマーケティング実践メディア

ISO感度とは? 初心者のためのカメラ基礎知識

[fa icon="calendar"] 2017.09.19 / by 大澤 元裕

 トピックス: カメラ, ISO感度, 暗い場所, 適正露出, シャッタースピード, 基礎知識

カメラ基礎用語のISO感度
「カメラの表示パネルに、ISO100という表示が…」

またもや難解なカメラ用語を発見してしまいました。

  • そもそも、ISO(感度)って何?
  • 設定は、変更する必要があるの?

そう思っている方は、必見です。

ISO感度とは

ISO感度は、簡単にいうとカメラが「光に反応する度合い(感度)」のことです。

デジタルカメラだと、画像センサーにどれだけ光を反応させるのかが、ISO感度になります。

単純にISO感度の数値を上げていくと、光に対してどんどん敏感になり、光が少ない場所でも適正露出(±0)に近づき、明るく撮影できます。

 

どこで設定すればよいのか

表示パネルのISO感度

表示パネルの赤枠部分に、
ISO感度の数値が表示されています。

このデジタルカメラだと、ISOボタンと右上の電子ダイヤルで設定が変更できます。

シャッタースピードとの関係

ISO感度の数値を2倍にすると、同じ絞り(F値)であればシャッタースピードを2倍早くできます。

暗い場所で、ISO感度を上げて撮影したほうがよいというのは、シャッタースピードを稼ぐためです。

ISO感度を上げすぎると

ISO感度の撮影事例

これまでの話をまとめると、
ISO感度をかなり上げて撮影すればいいのではと思われるかもしれません。

しかし、ISO感度を上げれば上げるほど、写真全体に粒子状の「ざらつき」が出やすくなります。

とくに、ISO感度が1600以上になると目立ってきます。

どんな場合に設定したらよいのか


  • 手ブレ防止や、被写体のブレを抑えたい 
  • ストロボを使用できない暗い場所で、シャッタースピードを上げたい

それ以外で必要なければ、ISO感度は上げないようにしましょう。
 

まとめ

・ISO感度は、簡単にいうとカメラが「光に反応する度合い(感度)」のことです。

・ISO感度の数値を2倍にすると、同じ絞り(F値)であればシャッタースピードを2倍早くできます。

・ISO感度の上げすぎには注意しましょう。写真全体に粒子状の「ざらつき」が出やすくなります。

・ブレを防止したい場合や、暗い場所でシャッタースピードを上げたい場合以外は、できるだけISO感度を上げないようにしましょう。

 

暗い場所やシャッタースピードが遅くなった場合には、ISO感度を調節して、「ブレない」写真撮影にお役立てください。

 

カメラメーカーや外部サイトで、ISO感度について丁寧に説明されており、参考にさせていただいたサイトを掲載しておきます。
参考:Enjoyニコン フォトテクニック – Nikon
デジタル一眼レフカメラの基礎知識 ISO感度
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/13
参考:カメラ選び&購入のポイント
ISO感度とは?~ISO感度を使いこなして、暗い場所でもキレイに写そう~
http://c-camera.com/camera/page350.html
関連記事
大澤 元裕

著者: 大澤 元裕

株式会社大和広告 クリエイティブユニット グラフィックディレクター兼デザイナー 広島県福山市出身。高校を卒業して大学進学をきっかけに、九州で11年間過ごす。その後、地元へ戻り、デザイン会社を経て、2011年に大和広告へ入社。社内では、クリエイティブユニットの一員として、広告物全般のデザインを担当。また国内の公募コンペでは、グラフィック、テキスタイル(図案)、CIロゴおよびタイポグラフィ、新聞広告、キャッチコピーなどで多数受賞歴あり。趣味は山登りだが、一人娘が大きくなるまでの間、再開を見送っている。

トピックス

see all
melmaga_logo.png
マーケティングのお役立ち情報やセミナー情報を無料でお届けします。お気軽にご登録ください。

収集する個人情報は、使用目的(メールマガジンの送付のため)以外には使用いたしません。また、収集した個人情報の第三者への提供についての提供は、法令の規定に基づく場合に該当する場合を除きありません。その他下記リンク先の個人情報収集同意書を必ずご確認の上、同意頂ける方のみご登録ください。

個人情報収集同意書