イマジナクトラボ

「わかる」「できる」本気でお客様とつながりたい人のマーケティング実践メディア

被写界深度とは?初心者のためのカメラ基礎知識

[fa icon="calendar"] 2017.09.25 / by 大澤 元裕

 トピックス: 絞り(F値), 被写界深度, 基礎知識, 一眼レフカメラ

カメラ基礎用語の被写界深度
上の写真は、「被写界深度が浅い…」ですね。

また、聞いたこともないカメラ用語が登場して、やれやれと思っている方、そんなことないです。

被写界深度とは

難しい漢字が並んでいますが、簡単にいうとピントの合っている範囲が広い(深い)のか、狭い(浅い)のかということです。

この被写界深度は、カメラの3つの要素で決まります。 

  • レンズの種類(焦点距離)
  • カメラから被写体の撮影距離

被写界深度の撮影事例

  • 左写真:被写界深度が深い
    手前から背景まで、広い範囲でピントが合っています。
  • 右写真:被写界深度が浅い
    右写真は、手前の花と葉のみピントが合って、背景がぼけています。

被写界深度は深くするには


  • 絞りを絞るF値を大きくする)
  • 広角(レンズ)を使う焦点距離を短くする)
  • カメラから被写体の撮影距離を長くする(離れる)

具体例をあげると、建物の外観や空間を撮影したものは、被写界深度が深い写真が多いですね。

被写界深度は浅くするには


  • 絞りを開くF値を小さくする)
  • 望遠(レンズ)を使う(焦点距離を長くする)
  • カメラから被写体の撮影距離を短くする(近寄る)

比較例で使用した植物写真もそうですが、風景を背にした人物写真などは、被写界深度が浅いと雰囲気が出やすいですね。

まとめ

・被写界深度とは、ピントの合っている範囲が広いのか、狭いのかということです。

・被写体深度の深い写真は、絞りを絞り、広角レンズを使い、カメラから被写体の撮影距離を長くします。

・被写体深度の浅い写真は、絞りを開き、望遠レンズを使い、カメラから被写体の撮影距離を短くします。

 

用語を知るだけで撮影がうまくなるわけではありませんが、カメラに慣れるための「第一歩」です。
ぜひ参考にしてみてください。


カメラメーカーや外部サイトで、被写界深度について丁寧に説明されており、参考にさせていただいたサイトを掲載しておきます。

参考:Enjoyニコン フォトテクニック – Nikon
デジタル一眼レフカメラの基礎知識 レンズ 被写界深度
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/19/05.html
参考:スマホとデジタル家電 – マイナビニュース
「被写界深度」を理解して、「ボケ」と「クッキリ」を使い分け
- 今こそ知りたいデジタル一眼の基本 -
http://news.mynavi.jp/articles/2015/06/05/camera_kihon/
関連記事
大澤 元裕

著者: 大澤 元裕

株式会社大和広告 クリエイティブユニット グラフィックディレクター兼デザイナー 広島県福山市出身。高校を卒業して大学進学をきっかけに、九州で11年間過ごす。その後、地元へ戻り、デザイン会社を経て、2011年に大和広告へ入社。社内では、クリエイティブユニットの一員として、広告物全般のデザインを担当。また国内の公募コンペでは、グラフィック、テキスタイル(図案)、CIロゴおよびタイポグラフィ、新聞広告、キャッチコピーなどで多数受賞歴あり。趣味は山登りだが、一人娘が大きくなるまでの間、再開を見送っている。

トピックス

see all
melmaga_logo.png
マーケティングのお役立ち情報やセミナー情報を無料でお届けします。お気軽にご登録ください。

収集する個人情報は、使用目的(メールマガジンの送付のため)以外には使用いたしません。また、収集した個人情報の第三者への提供についての提供は、法令の規定に基づく場合に該当する場合を除きありません。その他下記リンク先の個人情報収集同意書を必ずご確認の上、同意頂ける方のみご登録ください。

個人情報収集同意書