イマジナクトラボ

「わかる」「できる」本気でお客様とつながりたい人のマーケティング実践メディア

商品の情報が伝わる写真を撮影する心得

[fa icon="calendar"] 2017.08.02 / by 福田 雅之

 トピックス: 写真, 商品

タブレットで商品の情報を探している写真

ECショップなどウェブサイトで商品を購入するとき、一番に目が行くのが写真だと思います。
その写真から伝わる情報が多ければ、お客さんに選んでいただけるきっかけにもなります。
では、どのようにすれば伝わる写真になるのでしょうか?


ポイントは

 その商品を使う状況や使用目的を考えて撮影すること噛み砕いてみると、
以下の
3点になります。

① 違和感がない場所
商品撮影の際、日常生活のなかで使う場所で撮影することが大切です。 

② 人物を使ってみる
人物を使うことで、使っている様子や、商品の「サイズ」が想像できるので、
商品のみの写真と比べて伝わることが増えます。

 ③商品の使用状況を伝える
商品をどのように使うのかを動きを交えて伝えます。
一枚の写真で動きを伝えたいのなら、その一瞬を切り取る必要があります。

実践

 例えばこの商品。

階段に置かれた女性用の靴の写真

靴を撮影してみましたが、このままだと伝わらないですね。

上記のポイントを踏まえた上で撮影をし直したのが以下の写真です。

 モデルが実際に履いて撮影された靴の写真
(撮影:松井紀子)

① 違和感がない場所
⇒靴は足元を撮影するので、背景に無駄なものが写らないよう階段で撮影をしました。

② 人物を使ってみる
⇒今回の靴は女性用だったので、モデルも女性を起用しています。

③ 商品の使用状況を伝える
⇒靴は履いて使うのなので、モデルに履いてもらって撮影をしました。

 この写真だと、使う用途や状況などの説明が無くてもある程度伝わると思います。 
靴はデザインによって、男性用か女性用か区別のつかないものもあるので、
その際はモデルを起用して撮影すると良いでしょう。

 この様に、商品の特徴を活かした状況を考えて撮影をすることで、
「伝わる写真」になるのです。

まとめ

商品を使う状況と使用目的を考えて撮影すること

 ①商品の違和感がない場所

 ②人を使ってみる

 ③商品の状況を伝える

参考

カメラ初心者の方に向けて、ビジネスにも役立つ写真撮影のコツを、下記のページで被写体別にまとめています。

 

この記事は、当社主催の「女性プロカメラマンに学ぶ、ビジネスに役立つ写真撮影スキルアップセミナー」で写真家の松井紀子さんから学んだノウハウをもとに編集いたしました。

写真家 松井紀子ポートレート&ファインアートフォトグラファー 松井紀子
福山市生まれ。港区在住。元尾道観光大使。デザイン学校グラフィックデザイン科卒業後、スタジオで5年間のアシスタントを経て、2003年独立。主な仕事は、カタログや雑誌、人物、建築などの撮影のほか、カメラメーカーの作品提供、写真雑誌の撮影・執筆、フォトコンテストの講評など。尾道観光協会「おのなびフォトゼミ」や、主催する「NORi写真教室」など、広島・東京で講師をつとめる。
松井紀子さんが主催する「NORi写真教室」の詳細はこちらからhttp://lita-corp.com/
関連記事
福田 雅之

著者: 福田 雅之

株式会社大和広告 顧客サービスユニット AE 広島県福山市出身。尾道市立大学卒業。 大学卒業後、岡山のアパレル会社を経て、2013年に大和広告へ入社。 クライアント様にマーケティング戦略から広告作業に至るまでの助言や企画提案などを担当。 趣味はスポーツ観戦。特にサンフレッチェ広島に力を入れており、B6で応援することが今の楽しみ。

トピックス

see all
melmaga_logo.png
マーケティングのお役立ち情報やセミナー情報を無料でお届けします。お気軽にご登録ください。

収集する個人情報は、使用目的(メールマガジンの送付のため)以外には使用いたしません。また、収集した個人情報の第三者への提供についての提供は、法令の規定に基づく場合に該当する場合を除きありません。その他下記リンク先の個人情報収集同意書を必ずご確認の上、同意頂ける方のみご登録ください。

個人情報収集同意書