イマジナクトラボ

コンテンツマーケティングとストーリーテリングからコミュニケーションの今と未来を考え、発信します。

【事例あり・前編】「値引き」だけの「割引クーポン」は「ゴミ予備軍」です

[fa icon="calendar"] Sep 4, 2014 10:02:00 AM / by 田中 みのる

 トピックス: 考え方, クーポン, 事例

こんにちは。
田中みのるです。

なんか、今年は季節感がめちゃくちゃですね。。。
梅雨時期より、梅雨明け後からの方が雨、多いですし・・・

今年は各地の夏祭りも雨で中止したり延期になったりと、
主催者さんも参加者さんも泣かされた夏になりました。

夏になるとやはり売り上げが上がるのが「ビール」ですよね。
(今年は低迷気味との声も聞こえますが・・・ )

居酒屋さんなんかでは、帰りのお会計の時などに、

「次回使える『割引券』です」などと、
リピートを狙った割引券をプレゼントしてくれたりします。

「ありがとね~~」とか言って、一応もらいますよね。

でも、大事に持っていて、さらにそれを使うために
たまたま入ったお店にもう一度行くことって中々ないものです。
というか、いつの間にか「捨てて」しまっている・・・

うん。渡した時から「ゴミ予備軍」悲しいハナシです。
割引クーポンだって販促物。ちゃんと効果の出るものにしたいですよね。

そうそう。夏祭りと言えば、「ゆかた」も定番ですね。
この「ゆかた」をターゲットに、クリーニング業界ではやはり
夏は「割引」をうたって顧客獲得にはげむ時期でもあります。

やっぱりよく使われるのは「ゆかたクリーニング割引チケット」
こんな感じのチラシやクーポンが良く出回っています。

浴衣チラシ

スーパーマーケットのサッカー台(商品を袋詰めする台)のそばなどにも
設置されていたりします。

ゆかたのクリーニングをしたい人は反応するかも知れませんが
ゆかたを着ない人、着ても家で洗うよ。という人はやはり手に取りません。

例えば、いつも行くクリーニング店で「お得なクーポンです」と手渡されたら、
「ありがとね~~」とは言うでしょうが・・・

思わず手に取りたくなるような・・・
夏の間保管したくなるような・・・

そんな販促物が作れないかと頭を悩ませ、
一昨年、神戸のクリーニング店で製作した
「販促クーポンチラシ」がコチラ

祭りチラシ

神戸を中心に、7、8月に開催される近隣の「お祭り情報」を
めいっぱい記載しました。

ゆかたに興味がなくても、「この夏開催される近所のお祭り一覧」には興味があるでしょ?

このクーポン、
とんでもなく効果が出ました。

とにかく手に取られます。
スーパーへの設置型の棚はいつもだと、ホコリがかぶらないように
気にしなきゃいけないところ、何度も補充をしましたし、
お客様には、「何枚かちょうだい」とまで言われ、
どこかの子供会の役員さんに、「配ってあげるから束でよこしな」なんて言っていただけて・・・

さて、効果のほどはというと、対前年比  280%の 売上をたたき出しました!!

大成功!!

捨てられず、保管され、しまいには一人歩きまでしてくれた販促物でした。

、、、と、ここで終わってもいいのですが、このクーポン。
これだけの成果で終わってないのです。

秘密は「裏面」にあります。

 

クリーニングチラシ

 

裏面の秘密は・・・

 

次回に続きます!!!

 

急に涼しくなったり、
また暑さがぶり返したり。

こんな時に引く風邪は長引くといいます。
より一層 ご健康に留意下さいませ~~~!!

田中 みのる

著者: 田中 みのる

平成元年、大阪中央郵便局窓口課採用。営業担当部署を経て、本社郵便事業総本部に異動、社員育成等を担当した後、平成15年から霞が関本社にて勤務。平成22年に独立し、ライズマーケティングオフィスを設立。反応率の上がる販促物・チラシの作成・コンサルティングや、Web・モバイルとの連動プロモーション、社内モチベーションアップのためのセミナーなど、多彩な実務の中から日々進化する販促手法を学び、自身も年間100回を越えるセミナー講義をこなす。

関連記事
melmaga_logo.png
マーケティングのお役立ち情報やセミナー情報を無料でお届けします。お気軽にご登録ください。