イマジナクトラボ

「わかる」「できる」本気でお客様とつながりたい人のマーケティング実践メディア

露出補正とは?初心者のためのカメラ基礎知識

[fa icon="calendar"] 2017.09.25 / by 櫛桁 一博

 トピックス: 基礎知識, 露出補正, 一眼レフカメラ

catseyes.jpgデジタルカメラにおける露出とは、撮像素子に当たる光の量のことです。

カメラの撮影モードで、プログラムオート(P)、シャッタースピード優先オート(SまたはTv)、絞り優先オート(AまたはAv)を設定していれば、カメラが自動的に適正な明るさを設定します(適正露出といいます)。

しかし、カメラが設定した明るさが、イメージしていたよりも「明るい」「暗い」と感じることもあります。そんな時に使うのが「露出補正」機能です。

露出補正とは

「露出補正」とは、カメラが設定する適正露出を変更して、写真を明るくしたり暗くしたりすることです。
 写真を明るくしたければ「プラス(+)補正」、暗くしたければ「マイナス(-)補正」をします。

露出補正 -2.0        1/50秒、f/6.3、ISO100basic_03_03.jpg


補正なし           1/12秒、f/6.3、ISO100
basic_03_04.jpg


露出補正 +2.0       1/4秒、f/6.3、ISO100basic_03_02.jpg

露出補正ってどこに表示してある?

露出補正の値は、表示パネルや液晶モニターの設定画面で確認できます。

basic_03_06.jpg basic_03_05.jpg

(例:CANON EOS 60Dの表示)

どうやったら調整できるの?

 露出補正の変更方法は、メーカーや機種によって

  • 露出補正用のダイヤルがあり、それを回して数値を変えるもの
  • モニターの設定画面で数値を変えるもの

などがあります。

まとめ

カメラが設定する適正露出を変更して、写真を明るくしたり暗くしたりすることを「露出補正」と言います。

・「プラス(+)補正」で明るく、「マイナス(-)補正」で暗くなります。

 

関連記事
櫛桁 一博

著者: 櫛桁 一博

株式会社大和広告 クリエイティブユニット 統括リーダー 長崎県生まれ、宮崎県育ち。大学卒業後、熊本の経理事務所、福岡の印刷会社を経て現職。絶賛北上中。広告、DMなどのアナログ領域からオンライン・デジタル領域まで、お客様のマーケティング活動を支援。趣味は読書。好きな作家は奥田英朗。

トピックス

see all
melmaga_logo.png
マーケティングのお役立ち情報やセミナー情報を無料でお届けします。お気軽にご登録ください。